セミオーダーとフルオーダーの違い – セミオーダー住宅のGypso.ジプソ|共働き夫婦のための家 gypso.jp

セミオーダーとフルオーダーの違い

Gypso.(ジプソ)はセミオーダー住宅ブランドです。セミオーダーという言葉に馴染みのない方でも、規格住宅といえばある程度、耳馴染みがあるかもしれません。この記事ではセミオーダーとフルオーダーの違い、セミオーダーのメリット、デメリットについて解説していきます。

セミオーダー住宅とは?

Gypso.(ジプソ)が手がける「セミオーダー住宅」とは、あらかじめ用意されたプラン(間取り)をもとに、自分の好みの設備などを選んで建てる住宅のことです。「規格住宅」「企画住宅」という呼ばれ方をする場合もあります。規格化されているため、あらかじめ設計図があり耐震構造計算なども済んでいるので、フルオーダーの注文住宅のようにゼロから作り上げる場合と比べ、手間や時間がかからず、コストも抑えられ、用意された選択肢の中から自分の好みを反映させた家に仕上げることができます。また、建物自体の設計は決まっているものの、建物自体は建てられていないので、建売住宅とは違い、住む場所を選べるという特長があります。

「注文住宅」「フルオーダー住宅」

…その名の通り注文してからお客様のご要望に合わせて、設計・建築する住宅のことです。打ち合わせを重ね、自分の希望を完全に反映させることができます。間取り・設備・デザインなど細部に至るまで思い通りですが、打ち合わせに相当な時間がかかり、こだわりが多いほどコストもかかります。

「セミオーダー住宅」「規格住宅」

…用意されたモデルをベースに一定の選択肢から選ぶため、フルオーダー住宅に比べて、設計の自由度が制限され、いくつかの選択肢から設備を選びながらご自身の住宅プランを決めます。ある程度規格が決まっていることにより、コストや工期を抑えることができます。立地に関しては自由度があり、住む場所を選びたい人には建売住宅を探すよりも、セミオーダー住宅を選択する方が適しています。

フルオーダーとセミオーダーと建売比較

完成した建物を購入する建売住宅と、ゼロから設計する注文住宅。セミオーダー住宅はどの部分を比較しても、ちょうど中間的な特徴を持っています。建売住宅のスタンダードなデザインや間取りにピンと来ない、注文住宅だと予算が足りないといった方には、ちょうど良い選択肢になります。

セミオーダー住宅のメリット・デメリット

メリット

●必要な費用が明確で、コストパフォーマンスが高い

●設備を選択肢から選んで決めるため、検討時間が短くて済む

●完成イメージを想像しやすいため、予想と現実のギャップが少ない

 

デメリット

●間取り変更ができない

●「フルオーダー住宅」と比べ、設計の自由度が低い

●土地形状に合わない場合がある

セミオーダー住宅のメリット詳細

注文住宅より安い

ある程度規格化されているセミオーダー住宅は、注文住宅より価格が安く抑えられます。プロの目線から選択肢を絞ることでコストダウンしているため、品質や暮らしやすさは犠牲にならないのが大きなメリットです。こちらでご用意したモデルの間取りに満足いただけたら、自分達に合う家が安く手に入ることになります。

予算がオーバーしにくい

間取りプランごとに基本価格が決まっているセミオーダー住宅は、予算オーバーの心配が少ないのも大きなメリットです。自由度の高い注文住宅は、住宅プランを作りこんでいくうちに、夢が膨らんで予算オーバーになることも少なくありません。セミオーダー住宅は基本プランに必要な設備や間取りが入っているため、大きく予算変動することは少ないので、早い段階で資金計画を立て、無理のないローン返済額で余裕のある暮らしを送れます。

建売住宅よりカスタマイズ性が高い

基本的に間取りを選べない建売住宅と違い、セミオーダー住宅は選択肢としてのモデルが設定されています。また設備をカスタマイズできるので、建売住宅にくらべ、自由度も高くなります。ご家族の暮らし方、人数、土地の広さに合わせた間取りプランを用意しているので、ご要望にマッチするモデルがきっとあるはずです。

 プラン決めで迷いにくい

選択肢が限られているセミオーダー住宅は、間取りやデザインを決める労力や、迷う時間が少ないのもメリットです。好みやこだわりを徹底的に反映した家づくりも素敵ですが、ゼロから間取りを考えるのは簡単なことではありません。なかなか決まらず結果入居までの時間が長期化して、疲れてしまうお客様も多くおられます。その点、ベースプランが決まっているセミオーダー住宅は、ご家族の暮らしに合うかどうかで、判断するだけなので分かりやすく、迷うことも少ないです。

大きな失敗をしにくい

フルオーダーの注文住宅は自由度が高い反面、判断を間違えると大きな失敗や後悔につながるリスクもあります。対して、GYPSO.(ジプソ)がご用意するセミオーダー住宅の間取りは、家づくりのプロが、今までの膨大な経験から得た知識と技術で、住みやすさを徹底追求した設計になっています。どのモデルを選んでも暮らしやすさは折り紙付き。収納や動線、設備の配置なども計算されているので、建てた後に後悔しない暮らしやすい家を建てられます。

工期が短く入居までが早い

間取りや建材が規格化されているセミオーダー住宅は、材料の納期短縮や施工効率の良さから入居までの期間が早いのも特長です。

セミオーダー住宅のデメリット詳細

特殊な土地とは相性が悪い

セミオーダー住宅は一般的な土地を対象に考えられているため、特殊な形状の土地には対応できないことが多いです。また建蔽率や容積率が低かったり、建築制限があったりする土地にも建てられない可能性があります。土地をお持ちの場合、検討している間取りモデルに対応できるか事前にご確認ください。

細かい間取りのこだわりは反映できない

選択肢を絞っているセミオーダー住宅は、フルオーダーの注文住宅のように細かい調整ができない点もデメリットです。壁の位置を移動したり、好きな間取りを組み合わせたりするのはほぼ不可能だと思ってください。また窓やドアの位置調整など、細かいこだわりも反映できません。特殊な間取りやこだわりを詰め込んだマイホームを目指すなら、フルオーダーの注文住宅も検討したほうが良いかもしれません。 

Gypso.(ジプソ)を運営している夏目デザインでは注文住宅のご相談も承っております。

 

セミオーダー住宅はいくつかの選択肢から好みの設備や仕様を選ぶことにより、短い工期でトータルコーディネートされた家づくりが可能です。完成後のイメージを掴みやすく理想の家づくりを実現できます。完全な自由設計の住宅を建てるような時間や手間はかけたくないものの立地や設備にこだわって家を建てたい人にとって、Gypso.(ジプソ)のセミオーダー住宅は有力な選択肢となると思います。ぜひお気軽にお問合せください!

Booking

イベント・展示会・ご来店予約

フェーズ
フェーズ
ご予約カレンダー

予約カレンダー

2024年5月
2024年4月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31